Posted By

daisuke103 on 02/14/08


Tagged

textmate frame tween Fuse as2 zigo do func


Versions (?)

AS2 ZigoEngine.doTween リファレンス プロパティと使い方


 / Published in: Other
 

  1. stop();
  2. import com.mosesSupposes.fuse.*;
  3. import mx.transitions.easing.*;
  4.  
  5. // 3つのプロパティをトゥイーンし、終了時にコールバックを実行します。yが相対移動指定(string)になっている事にもご注意ください。
  6. ZigoEngine.doTween(box1_mc, '_x,_y,_brightOffset', [100,"150",100], 1, Strong.easeInOut, 2,
  7. {scope:this,func:'trace',args:'移動完了!'});
  8.  
  9. // このタイムラインのフレームをトゥイーンさせます
  10. ZigoEngine.doTween(this, '_frame', 40, 2, Bounce.easeOut);
  11.  
  12. // 相対位置を使って、ベジェ曲線に沿って移動
  13. ZigoEngine.doTween(box2_mc, '_bezier_', { x:'400', controlY:'150' }, 1, Regular.easeInOut, 1);
  14.  
  15.  
  16. /*
  17. パラメーターの説明
  18.  
  19. ZigoEngineのstatic(クラス)メソッドであるdoTweenを使えば、
  20. 複数のターゲットの複数のプロパティをトゥイーンさせることができます。
  21.  
  22. public static function doTween(targets:Object,
  23. props:Object,
  24. endvals:Object,
  25. seconds:Number,
  26. ease:Object,
  27. delay:Number,
  28. callback:Object):String
  29.  
  30.  
  31.  
  32. 追加サンプルと情報
  33.  
  34. * @param targets オブジェクトや、複数オブジェクトを格納した配列に対してトゥイーン設定できます
  35. my_mc
  36. my_txt
  37. my_btn
  38. my_obj
  39. [my_mc1, my_mc2, my_mc3]
  40.  
  41.  
  42.  
  43. * @param props プロパティや、複数プロパティを格納した配列に対してトゥイーン設定できます
  44. "_x"
  45. "_x,_y,_brightness"
  46. ["_x","_y","_brightness"]
  47.  
  48. ZigoEngineは追加プロパティに対してもトゥイーンできます:
  49.  
  50. _brightness 明度(-100 から 100, 0の時がノーマルです)
  51. _brightOffset 明るさのオフセット(-100 から 100, 0の時がノーマルです)
  52. _contrast コントラスト(0 から 200+, 100の時がノーマルです)
  53. _tint 色合い(0xFF33FF, "0xFF33FF", "#FF33FF", "FF33FF"のようなhex値をとります。ショートカットプロパティで、人が読みやすい"0xFF33FF"といったhexストリング値を返します。Number(my_mc._tint)で、簡単に数値に変換できます。)
  54. _tintPercent 色づき具合(0-100 0の時がノーマルです 100でフル着色です。ターゲットの色が変更されて以降に、アクティブなプロパティとなります。それまではundefinedです。)
  55. _colorReset カラーリセット(現状の色合いが-100で、100にすると元の色(無着色)に戻ります。 - tintPercentを逆行させるものとお考え下さい。initializeされたターゲットの全ての色変換を削除する時は、my_mc._colorReset=100;とします。)
  56. _invertColor 色反転(写真のネガのような効果です。0-100の値をとり、0がノーマルです)
  57. _size サイズ(_width と _height を同じ値に設定します。(変換前など)縦横サイズが異なる場合はnullを返します。)
  58. _scale スケール(_xscale と _yscale を同じ値に設定します。(変換前など)縦横比率が異なる場合はnullを返します。)
  59. _frame タイムラインのフレーム(MovieClipだけに有効 - 現在のフレームを返します。設定したタイミングでgotoAndStopが実行されます。)
  60. _bezier_ ベジェ({x:,y:,controlX:,controlY:})
  61. _colorTransform カラートランスフォーム(Flash7のcolorTransformと同様の設定ができます。{ra:,rb:,etc.})
  62.  
  63. 多くの追加プロパティを利用してフィルタをトゥイーンさせる事もできます。
  64. FuseFMPが登録されているとき、次のような感じで利用できます。:
  65. Blur_blurX (shortened_filter_name + "_" + filterprop)
  66.  
  67.  
  68.  
  69. * @param endvals 目的値や、複数目的値を格納した配列に対してトゥイーン設定できます
  70. 125
  71. "125" (引用符で囲まれている値は、現在位置からの相対値として算出されます。)
  72. [125, "100", 85] (例:"_x,_y,_brightness"に対してこのように値を渡せます)
  73. 90 ("_x,_y,_brightness"に対してこのような値を渡した時は、全プロパティが90にトゥイーンします。)
  74.  
  75.  
  76.  
  77. * @param seconds トゥイーンの継続時間
  78. 1.5
  79. null (ZigoEngine.DURATIONで設定されたデフォルト値が設定されます。)
  80. 0 (0秒でのトゥイーンは
  81. 0-second tweens are recommended for setting properties that are
  82. handled by the engine at any time in your program, because they
  83. interrupt any running tween. skipLevelプロパティを使って、
  84. 「0秒トゥイーン」や「変化なしトゥイーン」のコールバックを無効にすることができます。下の記述をご覧下さい。)
  85.  
  86.  
  87.  
  88. * @param ease function, shortcut-string, custom-easing-panel object
  89.  
  90. 空欄だとデフォルト値で実行されます(ZigoEngine.EASINGの部分でデフォルト値を設定しておけます。)
  91.  
  92. 1. Pennerイージングのフォーマットやmx.transitions.easing.Strong.easeOutといった、
  93. あらゆるイージング関数が利用できます。
  94.  
  95. 2. 以下のようなショートカット指定を使うには、PennerEasingクラスの登録が必要です
  96. "linear",
  97. "easeInQuad","easeOutQuad","easeInOutQuad","easeOutInQuad"
  98. "easeInCubic","easeOutCubic","easeInOutCubic","easeOutInCubic"
  99. "easeInQuart","easeOutQuart","easeInOutQuart","easeOutInQuart"
  100. "easeInQuint","easeOutQuint","easeInOutQuint","easeOutInQuint"
  101. "easeInSine","easeOutSine","easeInOutSine","easeOutInSine"
  102. "easeInExpo","easeOutExpo","easeInOutExpo","easeOutInExpo"
  103. "easeInCirc","easeOutCirc","easeInOutCirc","easeOutInCirc"
  104. "easeInElastic","easeOutElastic","easeInOutElastic","easeOutInElastic"
  105. "easeInBack","easeOutBack","easeInOutBack","easeOutInBack"
  106. "easeInBounce","easeOutBounce","easeInOutBounce""easeOutInBounce"
  107.  
  108. 3. カスタムイージングパネルで生成されたオブジェクト
  109.  
  110.  
  111.  
  112. * @param delay トゥイーンを実行するまでの待機時間(秒)。以下のような指定が使えます。
  113. 1.5
  114. null
  115. 0
  116.  
  117.  
  118.  
  119. * @param callback function, string, objectを指定できます。
  120.  
  121. 1. function
  122. myFunc (スコープを通す必要のない関数)
  123. mx.utils.Delegate.create(myScope, myFunc)
  124.  
  125. 2. String
  126. "myFunc" (スコープを通す必要のない関数)
  127. "trace('done');" (easyfuncストリング指定 - Shortcutsクラスが登録されている必要があります。)
  128.  
  129. 3. Callback Object - いろんなパラメーターを利用できます。:
  130. { scope:this, func:"trace", args:"トゥイーン完了!" }
  131. { scope:this, func:"myFunc", args:[1,2,3,true] }
  132.  
  133. トゥイーン終了時に実行される: func / scope / args
  134. トゥイーン開始時に実行される: startfunc / startscope / startargs
  135. トゥイーン更新時に実行される: updfunc / updscope / updargs
  136.  
  137. その他の追加パラメーター:
  138. -cycles (0=無限ループ, 1=デフォルト, 2+ = 数値に応じて往復(ヨーヨートゥイーン))
  139. -skipLevel: 0 (デフォルト:トゥイーン時間と待機時間の全てをスケジュール通り実行)
  140. 1 (見かけ上変化のないトゥイーン時間と待機時間はスキップ)
  141. 2 (見かけ上変化のないトゥイーン時間と待機時間はスキップし、イベントやコールバックも実行しない)
  142. skipLevelに関する詳細は"2d general.fla"をご覧下さい。
  143. -extra1,extra2 (elastic と back easing用の追加パラメーター)
  144.  
  145.  
  146.  
  147. * @return comma-delimited string of props successfully added
  148. "_x,_y,_brightness"
  149.  
  150. or pipe-delimited series of such, if multiple targets tweened,
  151. so you can verify each target. 例えば、mc1のalphaが100で、
  152. mc2のalphaが0の状態で、skipLevelが0以上に設定されている時は、最初のトゥイーンはスキップされます:
  153. ZigoEngine.doTween([mc1,mc2],"_alpha,_x",100,1,'',0,{ skipLevel:1 });
  154. returns "_x|_alpha,_x", 第1ターゲット(mc1)では_xのトゥイーンのみが実行されたということになります。
  155.  
  156.  
  157.  
  158.  
  159. */
  160.  
  161. /*MEMO by tera(2006.11.19)---------------------------------------- http://www.trick7.com
  162. doTweenには第7パラメーターまであり、それぞれ上のリストの順に設定していく、
  163. 設定しない箇所もカンマで区切っておき、空欄にしておくこと。
  164.  
  165. トゥイーン時間とリターンの項が訳せませんでした。トゥイーン時間の方は、他のサンプルを見てもらったら、言わんとしていることは理解できるかと思います。
  166. リターンに関しては、どうやって検証したら良いのか分からず、結果翻訳できずです。すみません。
  167.  
  168. イージングパラメーターの項の「カスタムイージングパネルで生成されたオブジェクト」がなんなのか分かりません。
  169. */

Report this snippet  

You need to login to post a comment.